甘満の恵みについて

 

甘さが満ちあふれ日本一しあわせになれるイチゴ「甘満の恵み」(かんまんのめぐみ)にこめた思い

 

  

私の妻は数年前、息子夫婦からある記念日に、
大好物である桃のプレゼントをもらいました。
 
箱に入って届いたので、たくさん食べれると思い、楽しみにフタを開けてみると、そこに入っていたのはたった1個の桃だけでした。
 
少し拍子抜けした気持ちになりましたが、
よく見えるとメッセージが添えられており、
この桃がなんと1個「5000円」もする桃だという事が分かりました。
 
桃って普通は1個200〜400円くらいですよね?
1個5000円もする桃なんて食べた事も無ければ、買おうとも思った事がありませんでした。
 
衝撃的な体験で、よほど嬉しかったのか当時は色んな人に話をしていたし、今でも果物の話がでると話題にあがる事があります。
 
そしてもらって嬉しかったからなのか、周りの人へのちょっとした贈り物にも、特別感のあるフルーツを贈ったりするようになり、
贈った人にすごく喜ばれるんだなという事も知る事ができました。
 
 

そうそう、1個5000円の桃ですが肝心の味はどうだったかと言うと、普通に美味しかったのですが、正直飛び抜けて美味しかった訳ではありません。

しかし、食べる前のドキドキ感やワクワク感は、今までスーパーなどで買ってた桃に対しては絶対に湧かない、今まで味わった事がないような気持ちでした。
 
だから何年か経った今でも思い出として鮮明に記憶に残っています。

 

私もこの体験から、いつか人の記憶にずっと残るような特別なイチゴを作ってみたいと思うようになりました。

 

インパクトだけじゃなくて、

「あのイチゴ本当においしかったよね」

「あの時のイチゴの味は忘れられないわ」

「また来年も送ってくれていいんだよ笑」

 

と笑顔で話題になるような
思い出すと幸せな気持ちになれるイチゴです。

 

そして

「あの人のプレゼントにどうかしら」 

「お世話になってる人に贈ろう」 

「花じゃなくていちごにしようかな」 

というように、大切な人達への贈り物候補として挙がるような

いちごを作りたいとも思っておりました。

 

私がいちご作りを始めてから
今年で20年目になります。

 

毎年毎年、

去年よりもおいしいイチゴを作りたい

去年より1粒でも多く実らせたい

どうしたらもっと上手く作れるんだろう

 

と、何度も壁にぶつかりながら

悪戦苦闘の日々を送ってきましたが、

 

ある年、自分でもビックリする位の

超巨大ないちごが

採れるようになりました。

 

とはいえ収穫できた数も非常に少なく

販売するにはとても数が足りないので

家族やスタッフに食べてもらうと

 

「こんな大きさのいちご見た事ない!1口で食べるの不可能だね」

「大変いちごの汁が!ちょっとティッシュティッシュ!」

「これは次元が違うわ

「甘すぎてため息がでちゃう」

 

と誰もが驚きの感想を述べていました。

 

その時は偶然できたというか、

このイチゴがどうやってできたのか

説明がつきませんでした。

 

  

しかしその後何年か試行錯誤を重ねた末、

その甘くて超特大サイズのイチゴを

自分の技術で作る事ができるようになりました。

 

いつか人の記憶にずっと残るような

特別なイチゴを作りたいと思っておりましたが

 

ようやくそのイチゴを完成させる事が

できたのではないかと思います。

 

そのイチゴの名は

「甘満の恵み(かんまんのめぐみ)

と言います。

 
私が自信を持ってお届けする
20年培ってきた経験、知識、技術の結晶の究極のいちごです。
 
 

名前の由来ですが

 
甘満には
・甘さが満杯に満ちた
・みずみずしさに満ちあふれる
・幸せで満たされる
(おまけで made by 斉藤満)
という意味があり
 
恵みには
・自然と大地の恵み
・新潟の気候がもたらした恵み

という意味があります。

 

その2つの言葉に込められた
意味をかけ合わせてそう名付けました。