斉藤いちご園の物語

新潟県燕市でいちごを育てて20年。斉藤いちご園の物語

 

 

あなたにいちごを通して「しあわせ」をお届けしたい。
美味しいものを食べる最高の時間を、あなたのもとへ届けます。

こんにちは。斉藤いちご園園主の斉藤満です。
私たちは新潟県の燕市で、先祖代々農業をしてきました。

 

とは言ってもお米と野菜を作ってるだけの昔ながらのどこにでもいる農家です。

 
今でこそ県内外からいちご目当てでお客さんが訪れる
観光農園のような形となり、
冬から初夏はいちご、夏~秋には米やイチヂクなど
いちごがメインですが、1年中何かしら育てております。
 
2021年で私が農業に携わってから約50年、いちご作りを始めてから20年になりますが、先程申し上げました通り、私は元々は単なる米農家で、
実はいちご栽培を始めた時はいちごに関して全くの素人同然だったのです。

リストラによって訪れた転機

 

私は農家の長男として生まれ、20歳の頃から農業に携わっていますが、
1年中農家の仕事がある訳ではないので、普段は地元の金属加工会社に勤める
いわゆる兼業農家でした。

 

 

私の住む燕三条地域は、洋食器やキッチン用品をはじめ金属加工業が有名で、
燕三条ブランドとして認知されておりますが、
今から20年ほど前の2000年頃は平成不況真っ只中、その煽りを受けて当時地元の会社がバタバタと倒産していました。

 

私の勤める会社でもリストラが行われ、兼業農家で収穫期には会社を休まなければいけない私のような社員は真っ先にその対象となりました。

 

当時私は50歳を迎えたところでしたが、
この先どうするか岐路に立たされ、
人生最大のピンチに陥りました。
 
おそらく今からの再就職は困難
50歳過ぎてアルバイトやパートで雇ってくれる所を探すのも難しい、
かといって農家の仕事だけで生計が立てられるか分からない..

 

それに会社に勤めていた頃は、
このまま農業をやりつつ定年まで働いて
その後も元気な限りは農業を続けていくんだろうなと思ってましたので
 
農業1本でやっていくというのは
私の選択肢にはありませんでした。
 
平穏だった日々の中、
突然と人生最大のピンチに直面したワケですが、
不安の中で考え抜いた末
私は農業1本でやっていく決心をしました。
 
 
それから激動の日々が始まります。

 

 

人生これでいいのか?

 

私が農業1本でやっていくと決意した時、
米作り以外で生計を立てる必要がありました。
 
なぜなら米作りだけではうまく生計が立たないという理由もあり、
それで長年会社勤めもしていたワケですから。
 
何を育てるのか選択する際、
自分で調べてみたり
農協の方に相談をしたりする中で
 
安定した生活を得るためには
地域で育ててる農家が多い
「トマト」が候補にあがったりしましたが
 
ふいに農協の方に
「自分が育ててみたいものは無いのか考えてみたら?」
と言われ
 
確かにそうだ、今までの人生は
まず農家は長男が継ぐという宿命があり
ある意味決められていた人生を歩んできた。
 
そして家族や生活の為というのが仕事における最優先で、
自分のやりたい事をやるなんて事は
これまでやってこなかったし考えた事も無かった。
 
 
「自分がやってみたい事ってなんだろう」
 
 
と、自分と真剣に向き合い
私は昔から好きだったいちご作りに挑戦してみようと
思い立ちました。
 
 
実際はそんなカッコいいものではなく
 
「そういえば昔からイチゴが好きだったし
イチゴを作ってみるのはどうだろう
自分で作ったらいっぱい食べれるし」
 
びっくりするかもしれませんが、
これが私が最初にイチゴを作ろうと思った
正直な気持ちなんですけどね(^^; 
 
とはいえ状況的には悠長なものではありませんでした。
 

早速挫折

いちごを作ると決めたはいいんですが早速大きな問題が立ちはだかりました。

これでも20歳頃から農家やってたんだから、いちご位簡単に育てられるだろうと思っていましたが、考えが甘かった事に気付かされます。

 

冒頭でも言いましたが、私は農家といっても米作りだけをやってた人間。
それがいちごを作るという事は、言うなれば野球選手が
これからサッカー選手を目指すようなもの。

スポーツという括りでは一緒だけど、野球とサッカーでは、
やり方も必要な道具もルールも会場などの環境も全く違います。
それと同じように米といちごでは作物を育てるという点が一緒なだけで、
あとは全く別物なのです。
だから私のいちご作りは、本当に単なる素人による挑戦だったのです。
何から始めたらいいか全く分からない状態です。 

 

燕市でいちごなんてムリ、誰も作ってない

 

あなたがイチゴと聞いて思い浮かぶのはなんの品種ですか?

おそらく「とちおとめ」や「あまおう」などの品種で、

 

イチゴの産地は?と聞かれたら

それらの産地である栃木県や福岡県が思い浮かぶと思います。

 

 

実際私もそうでしたし、私の家族もそう思っていました。

 

新潟でいちごって採れるの??
新潟県産のいちごなんてあるの?
って思いますよね。

 

だから私もいちごを作ると決めて
農協の方に真っ先に言われました
 
「この辺でいちごなんて無理だよ
誰も作ってる農家なんていないし
きっとうまくいかないんじゃない」

 と

 

元々いちごは寒冷地での栽培に適しておらず
暖かい場所での栽培が向いているのです。
だから栃木県や静岡県など天気がよく安定してる地域が
いちごの特産地なんですね。
 
しかし新潟県といえば雪国で、
特に冬場は本当に天気が悪いのでいちごの栽培に
全く向いてないというか言うなればイチゴ不毛の地です。
 
ゆえに新潟県でいちご作りを行っている農家自体が少なく、
私の住む地域には誰もいませんでした。
 
つまりいちごを作ろうと思ったはいいけど
誰も教えてくれる人がいないし、実践してる人もいない
という状況だったのです。
 
イチゴに関する知識がない上に、
教わる師匠もいないという現実を突きつけられましたが
それでも私は作ってみたいという気持ちが抑えきれなくなっていました。
 
うまくいくか分からない
ましてや生計が立つのかなんてもっと分からない。
でも挑戦してみたい
 
この道を進もうって決めた以上は
もうやってやるという気持ちしかありませんでした。
 
色々調べる中で新潟県でイチゴを作るのであれあば
「越後姫」というイチゴを栽培するらしい
という事が分かりました。
 
 
知識が殆ど無かった私は、そういう事であれば
ひとまず越後姫を作ってみようじゃないか
と思い、そうして私の越後姫作りは始まりました。
 
 

素人による無謀な挑戦

 

これは後々実践しながら分かっていった事ですが、
イチゴはその地の気候や風土にあった
品種でなければうまく育ちません。
 
 
新潟でとちおとめやあまおうを栽培したとしても
気候が合ってないからうまく育たないし、
出来たとしても全くおいしくない物になってしまうのです。
 
実際私も3年目にとちおとめなど育ててみましたが
全然おいしくない上にイチゴが病気になってしまったり
大失敗をしました。
教わる人がいないので、私は新潟県が出している
越後姫作りの教科書のような物があったので
それを見ながら独学でイチゴ作りをすすめていきました。
 
写真
 
とはいえそれはそれは大変でした、
思い浮かべてみてください
車の運転や何かしらスポーツや楽器を
教科書だけ見てやってみろって言われたら難しくありませんか?
  
車の運転は教習所に通い教官が横でマンツーマンで教えてくれるし、
実際に運転をしながら身につけていきます。
  
スポーツも先生やコーチ、身近の誰かしらできる人に教えてもらいながら、
実際に体を動かしながら身につけていくものだと思います。
 
誰も導いてくれる人がいなく、いきなり1人でやるというのは、
このやり方で合ってるのか、これで正しい方向に進んでるのかという
正解が分からないんですね。
間違った方向に進んでるかもしれないけど
それすらも分からない無謀な状況です。
 
そして正解が分からずに突き進むっていうのは
まるで暗闇の中を手探りで進むような状況で
出口にたどり着けるかさえ分かりません。
 
今みたいにyou tubeで動画が見れたらまた違ったかもしれませんが
教科書だけ見て、後は独学やるって相当なモチベーションがないと続かないし、
できるようになる前にやめてしまったり心が折れてしまいます。
 
私も何度か心が折れそうになったりしましたが、 猛勉強を重ねつつ、
実際に栽培しながら実践で学んできました。
 
途中、新潟県内にイチゴ作りの名人がいるいう事を聞きつけ
その人の元に教えを請いにいくという機会にも恵まれましたが

 

手とり足取り教えてもらえるワケではなく、目で見て覚えろという職人の世界のような感じでしたので、私はテープレコーダーを忍ばせて少しでもイチゴ作りの参考になる話を録音するというような事もしていました。

とは言っても当時は私のイチゴに対しての知識が全く追いついていなかったので、話を聞かせてもらっても理解ができないという状態でした。

 

そういう過程を経て、ついに初めてのイチゴが完成を迎えます。

今思い返してもどうやって作ったのかうる覚えというか

「なんとかできた」という感じで「作ったぞ」という実感はありませんでした。

 

ついに完成、越後姫の衝撃

ここでびっくり仰天な話をさせていただきますが
実は私は自分で作って食べるまで
越後姫を食べた事がありませんでした。

 

言うなればラーメンは食べた事あるけど
豚骨ラーメンを食べた事ない人が
豚骨ラーメン屋を始めるみたいな感じでしょうか。

 

私は越後姫というイチゴがどんな味なのかも知らずに
「とにかくイチゴを作ってみたい」という気持ちだけで
ただひたすら完成させる事を目指していたのです。
 
もし完成した時に「不味い」と思って
この先商売になんてならない可能性もあったのに
今思うと本当に無謀というか恐ろしい事ですが
とにもかくにもようやく越後姫の完成に漕ぎ着きました。
 
当時は新潟県内にすら殆ど流通していなかったので
近くのスーパーなどで買う事もできませんでしたし
見本を手に入れる場所がなかったのです。
 
そしてイチゴ作りの名人の所へ学びに行った時も
学びに来てるのに味見をさせて欲しいと言うのが
なんか図々しい気がしてお願いもできず、

はじめて越後姫を食べた事はハッキリ覚えていますが

自分が想像してたよりも遥かに美味しいイチゴができたな

という気持ちでした。

 

 

 

  

 

 

 

そしてイチゴの食べ比べをする中で

今まで食べたことのないおいしさのイチゴに

出会ってしまったのです。

 

それはなんと新潟県産の

身近に存在するイチゴでした。

 

 

そのイチゴの名前は

「越後姫」

と言います。

 

 

越後姫は20年前に衝撃の出会いを果たし、

その後県内のイチゴ作りの名人の元に教えを請いにいき、

猛勉強を重ね、そして実際に栽培しながら実践で学んできました。

 

20年をかけて栽培を行ってきた

私が愛してやまないイチゴです。

 

 

 

 最大の試練 

寝る時間がない、全然お金にならない

妻と二人三脚

もちろん、毎年、すべてが順調というわけではありません。

 

毎年、すべてが順調というわけではありません。

イチゴはたいへんデリケートな作物です。
環境が少し変わるだけでも、その品質や、収穫量などに、大きな影響が及んでしまいます。

 

 

・雨が続くと、根腐れしてしまう……

・台風や雪でハウスが倒壊してしまうことも……

・何度も同じ土を使って作ることによる、連作障害

こういったことは、なかなか自分たちで防ぎきることはできません。

 

 

報酬